2019年01月23日

人気のある算数塾は保育園の入園タイミングと同じだ

私受験目的の商業目的の学習塾には興味がないです
同じお金を払って塾に通わせるとしたら
受験が目的である塾ではなく
算数、数学の本質を教えてくれる
国語、英語の本質を教えてくれる

テクニックや暗記ではない
偏差値や点数ではない
そんな理念で指導して頂けるとところが良いと考えています

小学校の間だけで考えている方針は
義務教育期間はやり過ごす事が目標なので
今後不登校になる可能性もある
中学受験をチャレンジするかもしれない
それも不登校になれば出来ない可能性もある
中学受験をするにしても都立or国立の1校しか受験をしない
都立と国立の受験日が変わらない限りは同日に行われるので1校しか受験は出来ない
私立を受験するつもりはないから
不合格の場合は地元中学に進学すると考えている

そんなわけなので中学受験をするとなった場合に塾費用をかけてまで受験勉強をさせるというのはあんまり現実的ではなく
経済力の問題もあるし
ハイリスクローリターンの投資が分かっているのにそこにかけられない本音もある

お金をかけて本質的な事を学ぶ事が出来る進学塾であったら学ばせる価値があるが
受験テクニックや暗記法を学ばせる目的で多額の投資は出来ないという本音もある

だから基本は通信講座とスタディサプリを使って
必要最低限の個別指導を選択になってくるのかなと現時点では考えている

それでも小学生の算数に関しては私が理想的に思う指導をしている、これから始まろうとしている方が居るという事を知って、そこに子供が
というより私が学び直しで通いたいと思うところを見つけました

1つは対象が小1〜なので早速参加表明させて頂いて来月から講座が始まるので行く予定です

もう1つは私が知った時は小5と小6クラスしかなかったのですが
小4クラスも出来ていて
小6クラスは基本小5クラス在籍者の持ち上がりで募集はしない方針に改まり
その小5クラスも小4クラスが出来たので小4クラス在籍者が小5クラスに持ち上がって定員に空きがあれば募集するようなのです
1年間のカリキュラムが決まっているので途中募集はしないので年に1回の募集のタイミングに申し込まないと入塾出来ないし
小5から入れようかなと思っていましたが、来年、再来年のクラス募集予定を見て
小4クラスから入塾していないと小5クラスから入るのが難しいのでは?
そうなると小3の春頃から入塾説明会や申込みの情報収集しないと入塾出来ない!
まだまだ先だとのんびりと構えていたら来年に迫っていたという
でも、そうまでしてまでも行かせたい!と思う算数塾でもある。

数理の楽しさ、面白さ、数式の美しさを知ってもらいたいから
私の知らない世界に踏み入れて欲しいなぁと思っているので
その為の塾は自分が教えられないので
アウトソーシングは積極的になれますし
投資という言い方をするのなら大いに価値があると思うのです


教育ママであるけれど、普通の教育ママとちょっと違うというのはこういうところなんですよね
勉強の目的が違う
学ぶ目的が違う
それに尽きます

posted by クローバー at 09:21| Comment(0) | 算数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

子供に進めさせたい学校は

ズバリこれ

個性的で積極的な生徒が大勢います。それぞれ異なった体験をしてきた生徒が多いです

某都立高校の在籍生徒像です

こんな生徒の集団の中に放り込みたい
彼女が自分が自分らしく、多様性を認めて、認め合える校風だと

中学受験するにしても、こんな校風の学校を受験させたいなぁ〜

高校受験なら、某都立高校を目標にして欲しいなぁ〜


高校から先は彼女が目標とする仕事、職業を叶えられる大学、海外の学校に進学してくれれば良いなぁ〜と
現段階で目標とする職業は専門学校でも叶えられるけれど、専門学校が合わない、アカハラが激しく退学せざる得なかった場合に
編入試験などで入り直しをしても単位が認められないから、時間もお金も労力も無駄になってしまうので
私の二の舞(アカハラの為に泣く泣く退学せざる得なかった)だけは避けたいので、専門学校ではなく最低でも短大、第1希望は大学
国公立大学、ダメなら私立大学、海外も有り

それでもbeniちゃんの人生ですからね
親はレールの下の縁の下の力持ちという立場で関わっていければと考えています







posted by クローバー at 10:55| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勉強時間配分の取組方

まだSpicaからの解答と問題がありますが先に書いておきたいネタがあるので先にそちらから

最近、自身の国試の勉強にエンジンがかかってきたのと
怪我や体調の波が有ったりと書きたいネタはまだいくつも握っております

サンタクロースからのプレゼントで頂いた電子辞書の事
漢検8級(小3)の漢字の勉強を始めて使っている教材と2年生の漢字の復習で使っている教材の事
も書きたいと思っている事です
おいおい書いていこうと思っています


さて本題に入りますが
以前にも書いてある事ですが、勉強時間は長い程良い、沢山演習する程良いという発想は生産性や効率性という言葉に置き換えたら
ブラック企業的働き方と変わらないです

本当に頭が良い子って、いつ勉強しているの?と思う位に一見すると勉強していない
学校の授業だけで後は遊んでいるけれども試験の結果はトップという

勉強も努力は必要だと思うけれど、不必要に長時間の勉強や大量の演習という努力は無意味だと言いたい

頭が良い子と言われる子の勉強方法というか取組方を子供に教えて実践させていければ
必要な努力でかつ短時間で高い学力を手にする事が出来ると思います

勉強も生産性が上がる方法を示す事が大事なのです

生産性を上げる方法はズバリ

メリハリ
勉強をする(集中する時間)遊ぶ時間(夢中になる時間)コレに尽きる

集中出来る時間は人それぞれで短い、長いがあるのでコレは試行錯誤していって一番パフォーマンスが上がる集中出来る時間を自分自身で見つけていく必要があります
しかし、一回で最大のパフォーマンスを発揮する事が出来る集中時間を自身で実感する事が出来たら鬼に金棒だと思います

最初は5分、3分とスタートしていって自分が一回に集中して出来る時間を見つけていく事をしていきます
好きで好きで夢中になって出来る事はわざわざ時間を測るという野暮な事はせず、集中力に任せて突き進めていけば良いと思います

その時にキッチンタイマーなどを使って3分、5分と時間を測っていって探っていくと良いと思います

集中力が切れる時間が分かったら次はどれ位の時間を休憩時間、遊ぶ時間を取れば次の集中力を発揮出来るのかを知っていく事です

集中して勉強する時間と休憩時間を何回繰り返すと脳の疲労感が最大になって、集中力のパフォーマンスが下がるのかを知っていく事をします
集中力のパフォーマンスが下がったのに勉強を続けていってもそれは生産性が落ちているのに惰性で仕事を続けている状態と変わらないです
だから、それ以上は勉強はせず自分自身の自由時間にあててその日の勉強はお終いにする

そんな感じで勉強を続けていけば、短時間で最大限の効果を得られる
生産性の高い勉強が出来るようになると感じています



さてbeniちゃんとこれまで勉強方法、仕方を教えて実践してきました
今も試行錯誤しつつでもあります
ただ、基本的な仕方は今書いた事を意識して取り組んでいます


今回又少し仕組みを変えて実行してみようと思って話し合って決めた事が

平日の朝、夕方の家庭学習で30分を1クールにして
30分の間を10分刻みでタイマーを測ってやっていく
10分1教科といった具合です
10分で終わらなかったら、途中でも次の教科に進む
10分より早く終わったら、タイマーをリセットして10分測って次の教科に進む
残りの10分で終わらなかった教科があったらそれをやる
10分ずつの中で終わらせていたら別の教科をやる

最大で3教科、少なくとも2教科は30分の中で出来るというわけです

夕方はコレに宿題が入ります
お稽古事がある日は夕方の家庭学習はなし、宿題をしてからお稽古事に行くという事で決まりました
そして朝の家庭学習をやる


休みの日は30分1クールを10分ずつを2回やったら、10分休憩
これを3クールやったら終わり
といった具合です

その日にやる教材や量は私が用意するけれど、どの順番で取り組んでいくのかはbeniちゃんが決めてやっていく
そう確認をしました

大抵、ドリルも通信講座も各教科1ページづつ、時間にして5分〜10分で終わらせられる量を用意しています
応用や図形などのちょっと時間がかかる物もあります
全部を毎日やるのは無理なので順番に様子を見ながら教材は用意しています
一週間で全ての教材が満遍なく終わるように
毎日コツコツやるものを優先にしつつ
そんな事を意識しながら用意するようにしています

ドリルもいくつもやる事はせず、1つ1つやっているという感じです

出来ない、分からない、と叫び出したら
そこで叫んで悩んでいる時間が勿体ないので、先に飛ばしてやってもらって私がまとめて時間を設けて集中的に解き方を説明するようにしたり
丸付けをして理解していないなと思うところもただ返すのではなく、解き方を解説して返したり
時には子供に解き方やどう考えて答えを導いたのかを聞いたりして確認をしたりして関わっていくようにしています

分からない問題、出来ない問題も安心して聞けるように気をつけて
とりあえずやってみるという気持ちの源泉が湧くように関わるように子供の個性を見極めて関わるようにしているので
ちょっと応用問題でも果敢にチャレンジして玉砕したりしつつ
時に正解したりと
beniちゃんの自信にもつながるようにしていっています


用意するのはタイマー
そこから始めてみませんか



posted by クローバー at 09:54| Comment(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする